【書籍レビュー】『あなたの会社が90日で儲かる!』を読んだ感想【感情マーケティング】

こんにちは!コアテンです。

 

今回、私が紹介したいのは『あなたの会社が90日で儲かる!』という本です。

2003年頃に読んでから、長らく自宅のクローゼットで眠っておりましたが、年末にふと思い出して読んでみて内容を実践したいと思った本です。

 

以下、書籍『あなたの会社が90日で儲かる!』読んだ感想 総評 どについて紹介したいと思います。

書籍『あなたの会社が90日で儲かる!』とは、
1999年に発行の神田昌典氏のベストセラーであり、感情マーケティングを用いて、お客をつかむ方法(新規顧客を獲得して成約するまでの方法)を解説した本です。

著者の「神田昌典」氏は、日本の経営コンサルタント・作家であり、株式会社ALMACTEATIONSの代表取締役のです。

 
(1) 本書の内容は、まず「なぜ悪徳業者が儲かり、正直者が失敗するのか?」について説明した後で、最も重要な「感情マーケティング」「お客を引き寄せ導くシステム」「事例集」を順に説明していく流れとなっています。
 
今さらですが、私には「ビジネスの全ての原点が見込み客を集める活動にあり、新規顧客を獲得できなければ必ず潰れる」という話が心に刺さりました。
悪徳業者は自分達が扱う商品が粗悪なために、販売方法を研究し尽くして新規顧客の獲得を狙っています。その一方で、正直者は商品の良さや安売りすれば儲かる考えてしまう「販売に関する根本的な誤解・正直者が失敗する理由」なども心当たりがある方は多いはずです。

だからこそ、ビジネスにとって『広告宣伝活動』『集客』は非常に重要なものであり、その違いが生き残れるか否かを左右することを教えてくれます。

(2) 『感情マーケティング』『お客を引き寄せ導くシステム』を紹介した章では、実際に広告宣伝・営業プロセスをどのような手法ですべきか、お客さんとの関係作りをすべきかを事例を交えて説明してくれています。
 
本書において『広告のプロ=商品を売るプロではない!』とMBAを取得している著者は断言していました。そのため、私は「大企業でない限り、広告宣伝活動は絶対に自らの手で行うべき」だと感じました。

 

 

総評・おわりに

20年近くも前に購入した本を今さら読んだのは、去年に私が独立したからです。

 

正直に言うと学生時代に本書を読んだときには全く内容が響かず、一通り読んで終わっていました。しかし、独立した後に読むと凄くタメになる内容が書いてあってビックリ。非常に参考になりました!

20年近く経って成長したこともあるでしょうが、やはり自分の置かれた立場によって感じ方というのは違うのですね。
実際にこの本に書かれた内容を、これから自分の状況に合わせて実践してみたいと思っています。上手くいった否かは1年後くらいに報告したいと思います。がんばります。

 

二日もあれば読める分量で読みやすい本なので、まだ読んだことがない人は読んでみて損はないと思います。

もし個人事業や中小企業を経営されている方で集客にお困りの場合は、ぜひ一度読んでみて実践してみてください。

最後まで読んでくれて、ありがとうございます!
皆さんの明日が ワクワクに満ちた良い日となりますように。 Thank you all ♬
コアテン

関西でフリーランス生活を送る元サラリーマンのメンズです。
最近、家庭菜園を始めました!将来の夢は「田舎で自給自足のスローライフ」
毎日いろいろ試行錯誤しながら、日々の出来事や学び、成果などを発信してます♬

コアテンをフォローする
レビュー 本・漫画
コアテンをフォローする
スポンサーリンク
コアログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました