【アニメレビュー】不朽の名作『トップをねらえ!』を観た感想【オカエリナサト】

こんにちは、コアテンです!

 

 

今回は、私の好きなアニメシリーズ『トップをねらえ!』を紹介したいと思います!

2009年頃に知って観て以来、ずっと頭の中に残っていました。リリースされたのは1988年で30年以上も前の作品ですが、今見ても涙が出そうになります。

 

今回は、この作品の感想見所などについて、簡単にですが紹介したいと思います!

 

 

 

『トップをねらえ!』のあらすじ

・『トップをねらえ!』とは、
アニメ制作会社・ガイナックスが全6話のOVAとして制作・販売したSFロボットアニメです。タイトルに見られるように、漫画『エースをねらえ!』映画『トップガン』を始めとする往年の作品や昭和時代の各作品のパロディ・オマージュ的な構成となっています。

・『トップをねらえ!』は、
連合宇宙軍・提督の娘であるタカヤ ノリコが、憧れの「お姉さま」であるアマノ カズミと共に対宇宙海獣との戦闘部隊「トップ部隊」の一員として大抜擢され宇宙へと旅立ち、後に決戦兵器「ガンバスター(バスターマシン1号・2号)」のパイロットとなって人類存亡の危機を救うというストーリーとなっている。

 

人類史上初となる宇宙海獣との遭遇により消息不明となった宇宙艦隊の提督タカヤ ユウゾウの娘・タカヤ ノリコ(以下、ノリコ)は、パイロット養成学校・沖縄女子宇宙高等学校(通称:沖女)に通いパイロットを目指していた。

しかし、ノリコは飛び抜けた運動神経を持っているものの、マシン操縦が全くダメな落ちこぼれ。

 

 

そんなある日、ノリコは、コーチとして赴任してきたオオタ コウイチロウに素質を見出され、憧れの「お姉さま」であるアマノカズミ(以下、「カズミ」)と共に、対宇宙海獣戦闘部隊「トップ部隊」のパイロット候補生に大抜擢される。

 

大抜擢されたことで同級生などから陰湿ないじめを受けて心折れかけていたノリコだったが、カズミとの交流やコーチとの厳しい特訓を経て、努力と根性で、次第にその才能を開花させていき、戦場である宇宙へ旅立っていく。

 

 
そして、数々の困難を乗り越えたノリコは、後に人類側の切り札である決戦兵器「ガンバスター」に搭乗し、人類の存亡をかけた作戦へと身を投じていくことになる。
 
 

 

 

『トップをねらえ!』の見どころと感想

・視聴し終わってから知りましたが、この作品のキャッチフレーズは「炎の熱血友情ハードSF宇宙科学勇気根性努力セクシー無敵ロボットスペクタクル大河ロマン!!!!!」らしいです。

「このアニメ、どれだけ欲しがって詰め込んでるんだ…」と思いましたが、視聴後はなんか納得しました(笑)

 

 

(1) 最初に思ったことは、「メチャクチャ展開が熱い」ということです (^▽^;)

最初はあまり深くは考えず、「努力」「気合」「根性」があればロボット兵器は無敵のパワーを発揮すると、とりあえず思って観てください。途中から、突っ込みを忘れるくらい物語に引き込まれていきます。

 

ちなみに私が初めて見たときの感想は次のとおりでした。

・第1話:「溢れ出る昭和臭がヤバい(笑)」
・第2話:「シリアス展開になってきた(・_・;)」
・第3話:「凄く精神的に辛い展開なんだが…」
・第4話:「絶体絶命のピンチ!急展開!主人公の覚醒で勝利!!」
・第5話:「ヤダ、主人公が超頼もしい(*’▽’)」
・第6話:「本当に良かったよ!ウォォン(ノД`)・゜・。」

 

 

(2) また、この作品では「ウラシマ効果」による時間のズレがストーリーの主軸になっています。

 

亜光速で移動しながら戦闘を繰り返すノリコが、地球に住む同級生たちとの年齢差が生まれていくこと(同じ時間を生きて、思い出を共有できないこと)に苦しむというストーリーがとても切ないです。

『相対性理論』には、「ある物体が早く移動すれば移動するほど、周囲(静止している物体)よりも時間の流れが遅くなる」、つまり高速で移動する物体にとっての1秒は、周囲にとっての100年にもなり得るという法則があります。

『ウラシマ効果』は、このような時間の経過のズレが生じることを、おとぎ話『浦島太郎』に因んで用いられ、光速ないし亜光速で飛行する宇宙船が登場する作品でしばしば用いられます。

 

私が「ウラシマ効果」を題材にした作品が好きなのは、間違いなくこの作品があったからだと思われます。もちろん、映画「インターステラー」も大好きな作品の一つです (≧▽≦)

参考:「 インターステラー(字幕版)

 

 

 

『トップをねらえ!』の総評(レビュー)

無駄に露出シーンがあるため、人に依って合う合わないがあるかも知れませんが、ラストシーンに感動の涙がでた数少ない作品の一つ。

熱血かつ切ないストーリーはとても秀逸で、埋もれさせるにはもったいないアニメだと思います! 物凄い昭和臭のする作品ですが、この記事を書いているときに「ほとんど平成元年に作られた作品なんだな」と気付きました。

 

また、作中に登場する技術や理論の設定も非常に細かく「エーテル理論」「イナーシャルキャンセラー」など、超技術のオンパレードで驚きました!

絶対に心に残る作品ですので、まだ見たことのない人はぜひ一度ご視聴ください。

 

 
最後まで読んでくれて、ありがとうございます!
皆さんの明日が ワクワクに満ちた良い日となりますように。 Thank you all ♬
コアテン

関西でフリーランス生活を送る元サラリーマンのメンズです。
最近、家庭菜園を始めました!将来の夢は「田舎で自給自足のスローライフ」
毎日いろいろ試行錯誤しながら、日々の出来事や学び、成果などを発信してます♬

コアテンをフォローする
レビュー 映画・ドラマ・アニメ
コアテンをフォローする
スポンサーリンク
コアログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました