ミニトマトの収穫量を増やしたいなら、脇芽を挿し芽で増やすべし!

こんにちは、コアテンです。

 

出落ちというか、今回もタイトルで全てを語ってしまっていますね(汗)

今回は、ミニトマトの苗を増やして収穫量を上げたい場合などに、なぜ脇芽を挿し芽するのが良いのかということを簡単に説明したいと思います。

 

 

ミニトマトの脇芽とは?

そもそもですが、皆さんは脇芽(わきめ)というのをご存じですか?

 

おさらいになりますが、「脇芽」とは、主茎と葉の付け根(境目・節)付近から出てくる芽のことを言います。側枝とも呼ばれます。

上の写真の赤丸の部分が「脇芽」です。太い真ん中の主茎と、そこから横に伸びた葉との境目(節)部分からニョキと生える芽です。

 

「脇芽」は見つけたら早期に欠く(刈り取る)必要があります。

「脇芽」は驚くほど成長が早く、主茎よりも数倍早く成長していきます。放っておくと栄養分が脇芽に取られてしまい、収穫量が減ってしまいます。

また、脇芽が生い茂ると通気が悪くなって湿気が籠って病害虫(ハダニの発生や葉かび病など)の発生原因となる場合があります。

 

 

ミニトマトを増やしたい場合に、なぜ脇芽を挿し芽するのが良いのか

ミニトマトを増やす場合に、なぜ脇芽を植えるのが良いのかという理由は主に以下の2つです。

(1) 発見時に脇芽がすでに大きくなっている場合が多い
(2) 脇芽が驚くほど生命力が高いため

 

(1) 先ほども述べたように、脇芽は非常に成長が早いのが特徴です。

気付いたときには、すでに脇芽が結構な大きさに育っている場合も多く、花房もできている場合だってあります。「そこまで育った脇芽をそのまま捨てるのは勿体ない」というのが一つ目の理由になります。

 

それに、脇芽を植えることで、種から育てるよりも早く収穫できるようになります。

 

(2) また、脇芽は非常に生命力が強いことも理由の一つです。

実際に何度かミニトマトの脇芽を挿し芽(株の一部を切り取り、土に挿して発根させること)してみましたが、いずれも発根して順調に育ちました。

 

土には微生物も多いため、挿し芽すると病気になったり枯れてしまったりすることも多いのですが、ミニトマトの脇芽の生命力は非常に強いようで、私の場合は枯れたことがありません。

 

 

脇芽を使ってミニトマトを増やす方法について

下の写真は、試しに脇芽を植えてみた(挿し芽してみた)鉢植えの様子になります。

2本とも枯れることなく、スクスクと育ちました!

 

なお、ミニトマトはそのままにするとドンドン大きく成長してしまいます。ある程度、成長したらそれ以上大きくならないように摘心(茎の先をカットすること)する必要があります。

 

もし、これ以上ミニトマトを置く場所が無いという場合には、大きく育てるのは止め、一段目の花が咲いて実が成ったらその株を抜いてしまうのも有りだと思います。

そうすれば、そこまで大きなスペースを必要とすることなく、多少ミニトマトの収穫量を増やせます♬

 

 

おわりに

バジルのときもそうでしたが、「挿し芽」って本当に素晴らしい方法だと思います!

とはいえ、害虫や病気の被害にも結構遭っているので、無農薬栽培の難しさも感じました。

 

今年のミニトマト収穫もあと2ヵ月弱となりましたが、来年は今年学んだことを活かして収穫量を増やしていきたいと思います(^-^)b

 

最後まで読んでくれて、ありがとうございます!
皆さんの明日が ワクワクに満ちた良い日となりますように。 Thank you all ♬

コアテン

関西でフリーランス生活を送る元サラリーマンのメンズです。
最近、家庭菜園を始めました!将来の夢は「田舎で自給自足のスローライフ」
毎日いろいろ試行錯誤しながら、日々の出来事や学び、成果などを発信してます♬

コアテンをフォローする
園芸・家庭菜園
コアテンをフォローする
スポンサーリンク
コアログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました