【男の手抜き料理】キャベツを使った肉ミソ炒め【万能料理】

こんにちは、コアテンです。

 

毎日料理していると、野菜が残ってしまうことってありますよね。

そして、皆さんも傷みそうな野菜を大量に消費するための料理があると思います。簡単なものとしては、カレーやシチューなどの煮込み料理やお鍋、炒め物などがあると思います。

 

今回は私が良く作っている料理で、そんな余った食材を消費するための料理としても使える「キャベツを使った手抜き料理」を紹介したいと思います。

 

 

キャベツを使った手抜き料理『肉ミソ炒め』

食材

今回紹介したい料理は肉ミソ炒め、つまり回鍋肉(ホイコーロー)です。

キャベツと肉を使った料理で、味付けが濃いので色々な野菜類をぶち込める万能料理です。

 

食材と分量は次のとおりです。

キャベツ … 数枚
・豚バラ肉 … お好みで
・ニンニク … 1・2片

合わせ調味料 … ミソ(大さじ1)、料理酒(大さじ1)、しょうゆ(小さじ1)、砂糖(大さじ1/2)、ごま油(少々)

赤字部分は必須の食材です。なお、分量は大まかなので、慣れてきたら目分量で構いません。

 

キャベツや豚バラ肉以外にも、ほとんどの食材を入れることができます。

例えば、ニンジンや玉ねぎ、ネギ、もやし、キノコ類(シイタケやエノキダケ、シメジ、マッシュルーム)、ピーマン、パプリカ、ナス、ごぼう、レンコン、牛肉、ソーセージなどが使えます。

 

 

作り方

作り方はとても簡単で、以下のとおりです。

(1) 豚バラ肉、キャベツ、ニンニクなどを切る
(2) ニンニクや豚バラ肉、キャベツなどを炒める
(3) 合わせ調味料を作る 
(4) 合わせ調味料を加える
(5) フタなどを被せて蒸す

以上です。なお、上記(1)~(3)の順番は前後してもオッケーです。

 

以下、写真付きで作り方を解説していきます。

(1)(2) 豚バラ肉、キャベツ、ニンニクなどを切って炒める

上の写真のように、今回は冷蔵庫で眠っていたニンジンとタマネギ、ピーマン、白ネギを使いました。

 

 

硬くて火が通りにくそうな野菜をある程度炒めたら、キャベツを加えます。

 

 

(3) 合わせ調味料を作る 

材料を炒めている間、ミソやしょう油、日本酒、砂糖、ゴマ油を入れてかき混ぜて「合わせ調味料」を作ります。

 

 

(4) 合わせ調味料を加える

炒めていた材料の上に合わせ調味料を加えます。

 

 

(5) フタなどを被せて蒸す

フタを被せ、弱火にして20分くらい蒸します。焦げないようにたまに確認することをオススメします。

 

キャベツに火が通って、しんなりしたら完成です♬

盛り付けが下手でスミマセン。

 

ミソと日本酒などがあれば様々な食材を美味しくいただける万能な料理で、味が濃いのでご飯が進みます。

 

 

おわりに

我が家では、食材が余ったらカレーやシチュー、鍋かこのホイコーロー風料理で消費しています。

 

キャベツは、保存期間も長いので一人暮らしのお供に最適の野菜ですが、あまりに長いこと置いておくと腐ってしまいます。

キャベツを使った料理を多く知ることで、一球購入した場合も美味しくいただくことができます♪

食生活から健康な身体を作っていきましょう♪

 

最後まで読んでくれて、ありがとうございます!
皆さんの明日が ワクワクに満ちた良い日となりますように。 Thank you all ♬
コアテン

関西でフリーランス生活を送る元サラリーマンのメンズです。
最近、家庭菜園を始めました!将来の夢は「田舎で自給自足のスローライフ」
毎日いろいろ試行錯誤しながら、日々の出来事や学び、成果などを発信してます♬

コアテンをフォローする
生活 食品・料理
コアテンをフォローする
スポンサーリンク
コアログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました