【アニメレビュー】『色づく世界の明日から』を視聴した感想【気持ちひとつで世界は変わっていく】

こんにちは、コアテンです!

 

 

新型コロナウィルスの影響による巣ごもり生活で、家にいる時間が多くなった方も多いと思います。

 

私もその一人でして、家の中で長い時間過ごすので面白そうなドラマやアニメなどを(Amazon Prime Videoで)見ておこうと思って色々と視聴してました!

 

 

そこで見つけたのが、今回紹介する『色づく世界の明日からというアニメです!

久々にアニメを観てハマってしまい、2日(ゴールデンウィーク中)で一気に最終話まで視聴したうえに2周してしまいました(驚)

 

 

今回は、この作品の感想や見所について、簡単にですが紹介したいと思います!

 
 

 

ちなみに、私はAmazonプライム会員特典である「Amazon Prime Video」で視聴しました(2020年6月現在)。

「Amazon Prime Video」では見放題となる番組が時期ごとに入れ替わるうえに、様々な番組や映画を視聴することができて、かなりお得です。Amazonプライム会員でない方は、以下の参考サイトで確認してみてください。

参考:「 Amazonプライム紹介ページ(30日間の無料体験あり)

 

 

あらすじ

『色づく世界の明日から』とは、
長崎県長崎市を舞台とし、祖母の魔法によって、2078年から2018年の過去へと飛ばされた女子高生・月白瞳美(「つきしろ ひとみ」。以下、瞳美)の学園生活を描いた物語です。

 

日常生活の中に魔法が少しだけ溶け込んだ不思議な世界・・・。

幼い頃に色覚を失いモノクロの世界の中にいた高校2年生の瞳美は、魔法使いの家系でありながら魔法を使うことを嫌悪し、他人にも心を閉ざして生きてきた。

 

 

2078年の夏祭りの日、瞳美は大魔法使いである祖母・琥珀(「こはく」)の魔法によって、突然60年前にタイムスリップさせられてしまう。

 

 

訳も分からず2018年に送り出された瞳美が飛ばされた先は、葵 唯翔(「あおい ゆいと」。以下、唯翔)の部屋だった。

突然、見知らぬ場所に迷い込んで戸惑う瞳美だったが、なんとかその場から離れることに成功する。しかし、唯翔の部屋に耳飾りを落としていた。

 

 

翌日、そのことに気付き、耳飾りを取り戻すために唯翔に近づいた瞳美。そんな瞳美の視界にいきなり強烈な色彩が飛び込んでくるのだった!!

 

 

 

『色づく世界の明日から』の見どころと感想

「色づく世界の明日から」の見どころは、かなり多いのですが「十代の感情の揺れ動き」「人とのつながり」だと思います!

 

 

(1)作中で魔法は出てきますがメインというわけではなく、どちらかというと特殊能力・才能の一つだと考えるとシックリきます。

 

タイムスリップものではありますが、どちらかというと思春期の若者の日常と成長を垣間見る群像劇だと感じました。

 

感情表現の苦手な主人公が、徐々に他人との関係や距離感に悩み、感情が揺さぶられる、そんなもどかしさが感じられます。これぞ青春ストーリー!

・家族と過ごす幸せな日常、友達との出会いと別れ、好きな人と心通じる嬉しさ、別れの切なさ・・・最終回を観終わって涙がでてしまいました。

 

内気な性格の主人公が、徐々に心を開いて内面を成長させていくストーリーであって、元気で活発な主人公が大魔法で世界を救うようなストーリーではない点に注意ください。

 

 

 

(2)「気持ち一つで世界が変わっていく…。」は作中での主人公のセリフですが、これがこのアニメで最も伝えたかったことだと思います。

自分が視認する周りの世界や自分の可能性を広げていけるのは、何気ないチョットした決心や気持ち、家族との日常なのだというメッセージですね。

 

また、キャラの心象風景(気持ちや心情の変化、覚悟など)を、セリフだけでなく映像(アニメーションと鮮やか色彩)でも表現しようとしている点が、とても素晴らしいです。

すぐに2週目に突入しましたが、見え方が変わって何度も楽しめるそんなアニメでした。

 

 

 

(3)タイムスリップ作品だからでしょうか、私はこのアニメを観ていて「人とのつながり」を感じさせられました。

 

 

私自身、30歳を超えて後世に何を残したい気持ちが強くなってきたこともあり、
自分の日常や仕事、作品などが誰かの役に立ったり、感動してくれたらすごく嬉しいことなんだと考えるようになりました。

 

だからでしょうか、絵を描く道を諦めようとしていた唯翔が思い直して「だれかのために絵を描いていく」と決めたことに凄く共感できましたし、
家族だけでなく、友人やこれから会う人たちとの出会いを大切にしようと思いました。

 

 

総評(レビュー)

感情的にも苦しかったけど宝物のような時期の青春ストーリーを、美しい映像と共に堪能できる凄く良い作品でした。

 

 

また、映像だけでなく、ストーリーの山場を盛り上げてくれる音楽も素晴らしく、全13話を通して切ない映画を見ている感覚になりました(^^)

 

 

スルーしてしまうのは勿体ない、歳を取った人にこそ見て欲しい そんな作品です。色々な感情を思い出したい人はぜひ一度ご視聴ください。

それでは!

 

 
なお、私はAmazonプライム会員特典である「Amazon Prime Video」で視聴しました(2020年6月現在)。

「Amazon Prime Video」では見放題となる番組が時期ごとに入れ替わるうえに、様々な番組や映画を視聴することができて、かなりお得です。Amazonプライム会員でない方は、以下の参考サイトで確認してみてください。

参考:「 Amazonプライム紹介ページ(30日間の無料体験あり)

 
コアテン

関西でフリーランス生活を送る元サラリーマンのメンズです。
最近、家庭菜園を始めました!将来の夢は「田舎で自給自足のスローライフ」
毎日いろいろ試行錯誤しながら、日々の出来事や学び、成果などを発信してます♬

コアテンをフォローする
レビュー 映画・ドラマ・アニメ
コアテンをフォローする
スポンサーリンク
コアログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました