【映画レビュー】『WOOD JOB!(ウッジョブ)』を視聴した感想

こんにちは、コアテンです。

 

今回は、半年くらい前に視聴した映画『WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~』を紹介したいと思います。視聴した後に良い余韻に浸れた映画だったので、いつかオススメしたいなと思っていた作品です。

 

今回は、この作品の感想総評などについて、簡単にですが紹介したいと思います!

 

 

『WOOD JOB!』のあらすじ

映画『WOOD JOB!』とは、
『ウォーターボーイズ』や『スウィングガールズ』を手掛けた矢口史靖氏が監督・脚本を務めた作品で、運命(?)に導かれて森で働くことになった都会育ちの若者の成長を軸に繰り広げられる爆笑と感動のストーリー映画です。

作品の原作は、三浦しをん氏の小説『神去なあなあ日常』です。

 

仲間内で自分一人だけ大学受験に失敗し、彼女とも疎遠になってしまったヘタレな東京の若者・平野 勇気

卒業式の後、平野は浮かれる友人達と打ち上げに行った帰りに、ひょんなことから『緑の研修生』と書かれたチラシを手にする。

 

疎外感に一人打ちひしがれていた平野は、そこに写っていたカワイイ女の子に会いたいという軽い気持ちで林業研修に参加することを決めた。果たして都会育ちの若者は、携帯電話の電波も通じず、虫や毒蛇もいる三重県の山奥でやっていけるのか!?

自然に囲まれた地で、平野の爆笑と感動に溢れた一年間の林業研修がいま始まる。

 

 

『WOOD JOB!』の内容と見どころ

『WOOD JOB!~神去なあなあ日常~』の見どころは、「人の成長」「天職」だと思います。

 

 

序盤、都会っ子の主人公・平野は、山奥の暮らしに戸惑い、精神的に参って逃げ出そうとします。そんなが、研修所にいた個性豊かな講師や仲間達との交流や、実地研修や研修先の家族との一年間の交流を通じて、また戻って来たいと思うくらいにまで変化する…。

 

コミカルとシリアスのバランスが丁度良くテンポも良い作品なので、観ていて安心感がありました。

 

一年間で大きく考え方が変わるほどに様々な経験をする若者の成長が、この作品の魅力の一つだと言えます。
余談ですが、映画序盤の林業研修所で説明してくれた『もやい結び』、私も試してみました(^-^)

 

 

天職とも言える、一生かけても続けたいと思える職業は探すものではなく、偶然見つかる物なのかもしれませんね。主人公のように、偶然やってみたら続けたい職業に出会えることもあるのでしょうね。

 

 

感想・総評(レビュー)

代々続く林業の素晴らしさ、スギの木の良い匂いなどの魅力が伝わる良作品でした。

観終わった後しばらく心地よい爽やかな余韻を残してくれる映画なので、まだ観たことがない人はぜひ一度観てみて欲しい作品です。

 

最後まで読んでくれて、ありがとうございます!
皆さんの明日が ワクワクに満ちた良い日となりますように。 Thank you all ♬

コアテン

関西でフリーランス生活を送る元サラリーマンのメンズです。
最近、家庭菜園を始めました!将来の夢は「田舎で自給自足のスローライフ」
毎日いろいろ試行錯誤しながら、日々の出来事や学び、成果などを発信してます♬

コアテンをフォローする
レビュー 映画・ドラマ・アニメ
コアテンをフォローする
スポンサーリンク
コアログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました