【水族館】三重県・鳥羽水族館に行ってみた感想【アクセス・所要時間・営業時間・割引クーポン情報など】

こんにちは!コアテンです!

 

先日、私は前から行きたいと思っていた三重県にある鳥羽水族館行ってきました!

 

今回は、鳥羽水族館に行ってみた感想などを書いていこうと思います。

 

 

『鳥羽水族館』とは?

鳥羽水族館(とばすいぞくかん)とは、三重県鳥羽市にある日本屈指の規模を誇る水族館です。

 

館内はA~Lの12のゾーンに分けられており、約1,200種もの生物が飼育・展示されている(展示生物数は日本国内で最大である)。

 

日本で唯一ジュゴンが飼育されている水族館であり、スナメリやマナティなども見ることができる。

 

 

なお、カピバラやイグアナ、スナドリネコといった海洋生物以外の生物も飼育・展示されています。

 

 

 

別記事(参考)

なお、鳥羽水族館の近くに「ミキモト真珠島」「イルカ島」「鳥羽マルシェ」などの観光スポットもあります! これらの施設もレポしてるので、よかったら見てみてください!

参考:「三重県のミキモト真珠島の観光レポート

参考:「三重県のイルカ島・鳥羽マルシェの観光レポート

 

鳥羽水族館へのアクセス

鳥羽水族館へは、自動車もしくは電車を使って行くことができます。

 

(1)自動車で行く場合

伊勢自動車道の伊勢IC(インターチェンジ)まで高速道路を使って、そこから伊勢二見鳥羽ライン経由で約20分ほど走れば到着します。

なお、鳥羽水族館には専用駐車場があります。

 

 

(2)電車で行く場合

JR・鳥羽駅または近鉄・鳥羽駅から徒歩約10分で到着します。

 

 

 

鳥羽水族館の料金・営業時間

(1)鳥羽水族館の料金

鳥羽水族館の料金は以下のとおり。

個人 大人:2,500円
個人 小人(小・中学生):1,250円
幼児(3歳以上):630円

このほかに、団体料金やシニア割引などがあります。詳しくは鳥羽水族館の公式ホームページを参照ください。

 

 

(2)鳥羽水族館の営業時間

・鳥羽水族館の営業時間は、年中無休で毎日 9:00 ~ 17:00
但し、7月20日~8月31日は8:30~17:30

 

 

 

鳥羽水族館の滞在時間(目安)

上の表にも記載しましたが、鳥羽水族館の滞在時間(所要時間)は、約2時間~5時間です。

 

所要時間は、どれだけ見て回るかに寄るため、人によって異なります。
私は、館内ほぼ全ての場所をじっくり見て回って約4時間(昼食含む)でした。

 

 

 

鳥羽水族館の観光レポ

鳥羽水族館のエントランスです。いざ鳥羽水族館へ!

 

 

「エントランスホール」には、大きなクジラがいました!

 

 

館内には順路がありません。ちょうどアシカショーが始まる時間だったので急いで「パフォーマンススタジアム(Aゾーン)」に向かいました!

「パフォーマンススタジアム(Aゾーン)」でのアシカショー!

ユーモアのあるショーでとても楽しめました。これは必見ですね~!
片足立ちを披露してくれるアシカ君。まじパワフルです!

 

 

次に行ったのは「古代の海(Cゾーン)」

ここの主役はオウムガイです! オウムガイって美味いのかなぁ?

 

 

これ何だと思いますか?

まさかのオウムガイの卵です! 正直に言わせてもらうと、カニを食べた後に残った殻かと思いました…。

 

 

 

「コーラルリーフダイビング(Dゾーン)」にある水槽。水面と水中が両方見れるのが良いですね!

 

フグ?が水面に顔を出してる様子が水面と水中の両方から見えました!

 

 

コブシメ(コウイカの仲間)がいました! うーん、寝ているように見える( ˘ω˘)スヤァ…

水中で微動だにしません。本当に止まってます!

 

コウイカの幼体も寝ているように見える ( ˘ω˘)スヤァ…

 

 

「人魚の海(Hゾーン)」に居ました、この水族館の人気者・ジュゴンです!

動きがかなーり動きがスローです。 もっとサービスして動いてくれ~!
シャッターチャンスが来るまでかなり粘りました(^^;)

 

 

「へんな生きもの研究所(Kゾーン)」にはダイオウグソクムシがいました!

彼(彼女?)も全く動きません(笑)
省エネ生活を実践中です。

 

 

この水族館では、実際にエイとかタコに触ることもできます!
(もちろん、近くに手洗い場もあります)

エイはヌルっとして割と固かったぁ。
タコの吸盤を触ると、軽く吸い付かれて気持ちよいです^^

 

 

「水の回廊(Lゾーン)」には、ペンギンやカワウソ、セイウチなどが泳いだり寝てたりしてます。ペンギンにはかなり接近できます!

気持ちよさそうに寝てますな…。
丸い動物ってなんでこんなに可愛いんだろう…。

 

 

 

1階「マリンギャラリー」前にはトド(本物の剥製)が待ってました!
でかっ、海でこんなのに会ったらと思うと震え上がるわ!

「マリンギャラリー」には、剥製骨格標本の他に珍しい貝類の標本が置いてありました!

 

その他、「日本の川(Jゾーン)」ではゲンゴロウタガメイモリなどや、「奇跡の森(Gゾーン)」ではスナドリネコイグアナなども見れます。

 

 

 

館内施設・設備について

館内はバリアフリー構造となっている

エレベータやスロープが各所に設けられており、ベビーカーや車椅子でも館内ほぼ全ての場所に行くことができると思います。

バリアフリー出入口。

 

 

エントランスホールにあるスロープ。

 

エレベーターで降りられない場所にはスロープがありました(写真はマリンギャラリー横のスロープ)

 

 

トイレが多く設置されている

トイレが多く設置されています(車椅子対応トイレは3箇所)。

トイレに行きたくて探して歩き回ることもありませんでした(^^)b

 

 

コインロッカーが設置されている

大小のコインロッカーが多数設置されています。
駅から直行しても、荷物を持って館内を移動する必要はないですね。

入館券売り場前にあるコインロッカー。

 

 

出入口付近にあるコインロッカー。

 

 

ベビーカー置き場が多数設置されている

いたるところにベビーカー置き場が設置されてました!
ショー会場の脇には必ず設置されていました。

 

アシカショーが行われる「パフォーマンススタジアム」入口前のベビーカー置き場。

 

 

セイウチショー や ペンギン散歩が行われる「水の回廊」のベビーカー置き場。

 

 

その他、「カフェ・レストラン」「ショップ」「喫煙所」「ベビールーム」などもあります。

 

 

 

お得なチケットについて

他の施設との共通クーポン券

・鳥羽水族館の公式ホームページにお得なクーポン情報が載っているので、事前にチェックしてみてください!

 

 

・なお、事前にお得なクーポンを購入し忘れた場合は、コンビニの端末からでも購入することもできます。行く途中にあるコンビニで購入しましょう!

 

例えば、「JTB 現地観光プラン・レジャーチケットなど」のサイトで、以下(1)~(3)などのお得なクーポンを検索した後、コンビニ専用端末で購入することもできます。

参考サイト→ 「JTB 現地観光プラン・レジャーチケットなど

 

(1)鳥羽水族館 入館券

(2)鳥羽Wクーポン
   (鳥羽水族館・ミキモト真珠島の共通券)

(3)鳥羽まるみえパスポート
(鳥羽湾めぐり・イルカ島・鳥羽水族館・ミキモト真珠島の共通券)

 

 

 

最後に

鳥羽に行く際には、「ミキモト真珠島」 や 「イルカ島」「鳥羽湾めぐり」 などと共に一度は行ってみたいスポットの一つだと思います!

 

展示生物がかなり多く、かなり楽しめます! イルカショーがやってないのは残念ですが、アシカショーやセイウチのパフォーマンスは必見ですよ!

鳥羽に行く際は行ってみてください。

 

 

別記事(参考)

なお、鳥羽水族館の近くに「ミキモト真珠島」「イルカ島」「鳥羽マルシェ」などの観光スポットもあります! これらの施設もレポしてるので、よかったら見てみてください!

参考:「三重県のミキモト真珠島の観光レポート

参考:「三重県のイルカ島・鳥羽マルシェの観光レポート

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました