【書籍レビュー】『ザ・コーチ』を読んだ感想【ゴールを手にする方法は無限にある】

こんにちは!コアテンです。

 

 

今回、私が紹介したいのは『ザ・コーチ』という本です。

一年ほど前に読みましたが、「目標を立てることの意味」「目標の活用方法」について非常に勉強になった本です。

 

 

結構世に知られた本だと思うので、今さら紹介するか否か迷いましたが、良いと思ったものをスルーするのは勿体ないと思いました。

以下、書籍『ザ・コーチ』読んだ感想 総評 どについて紹介したいと思います。

 

 

 

『ザ・コーチ』の内容・感想について

書籍『ザ・コーチ』とは、
目的(叶えたい夢)の達成するため、適切な目標を設定・活用できる「目標の達人」になることを目的とした自己啓発書であり、谷口貴彦氏の著書です。

本書では、主人公・星野雅彦(ほしのまさひこ)が、老紳士・大蔵英雄(おおくらひでお)との公園での会話を通して成長していき、自己の目標や夢などを達成していくという物語となっており、

その中で「目的・ゴール・目標の定義」「目標を設定・活用する方法」「目標などを明確に設定して行動した先にある恩恵」「上司が部下を導く方法(コーチング)」などについて学べるようになっています。

 
(1) 成功するための方法論・ハウツーを示した自己啓発本は世の中に数多くありますが、ほとんどは「なぜそうするのか?」といった意味やその解説・理論などを省いていることが多いです。
一方、本作品は、その「なぜそうするのか?」という部分について、明確かつ詳しく解説してくれている良本です。
 
私も数多くの自己啓発本を読んできた自負がありますが、「そこが知りたかった」という部分をこの本は明確に示してくれました。
 
 
 
 
(2) また、この本を読んで初めて「目的・ゴール・ビジョン・目標」などの言葉の違いを意識するようになりましたし、目標の立て方や活用方法について理解できましたし、
この作品を読むことで、夢をリストアップし、それに向けてゴールや目標、目的を設定できるようになりました。
 
今後、自分が設定した目標などに向かって実践した結果が出るのが楽しみでもあります。
 
一方で、今までやっていた目標だと思っていた事が単なる「行動計画」で、あまり意味がないことだったと知りました(汗)
 

余談ですが、私は本作を読んで初めて「コーチ」という職業や、「コーチング」というものについて知りました。

 

 

 

総評・おわりに

前情報なく読みましたが、とても印象深い一冊となりました。

また、物語の内容が、我々の実際の仕事にも応用できる実践的な例として紹介されているのが素晴らしく、自分の価値観などに合わせた言葉で夢やゴール、目標などを設定しようと思いました!

 

自己啓発書としては恐らくかなり読みやすい部類の本で、初心者にもオススメできる一冊です。もし仕事で行き詰っていると感じる人がいれば、ぜひ一度読んでみてください。

それでは!

 
 

なお、続編として「ザ・コーチ2」「ザ・コーチ3」などもありますが、まずはこの一冊から試してみてください。
 
レビュー 本・漫画
コアテンをフォローする
スポンサーリンク
コアログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました