【意外と簡単】レモンパウンドケーキを作ってみた【材料と作り方を紹介】

こんにちは、コアテンです。

 

先日、家にレモンがたくさんあったのでシフォンケーキを作ってみました。

参考:「 シフォンケーキを作ってみました

フワフワにはできませんでしたが、美味しかったので気分を良くしたので、またケーキを作ってみました!

 

今回作ったのは、シフォンケーキのレシピを探しているときに目に留まった「パウンドケーキ」です。いつものことながら、人生初となるパウンドケーキ作りです♬

 

今回は、私が作ったレモンを使ったパウンドケーキ材料作り方などについて、写真付きで紹介したいと思います。

 

 

レモンパウンドケーキの材料と所要時間

・レモンを使ったパウンドケーキの材料は以下のとおりです。

・レモン …1個
・卵   …2個
・砂糖  …100g
・バター …150g
・薄力粉 …150g
・ベーキングパウダー …小さじ1

 

 

・レモンパウンドケーキ作成に必要な所要時間は、1時間~1時間10分です。そのうち、作業時間は30分~40分です。

 

 

必要なもの

レモンを使ったパウンドケーキを作る際に必要なものは次のとおりです。

・パウンドケーキの型
・泡立て器
・クッキングシート

 

 

・パウンドケーキの型、泡立て器

パウンドケーキを作る際には泡立て器が必須です。

パウンドケーキの型は100均などで使い捨てタイプを買えますが、何度か作るなら繰り返し使える型が比較的に安いのでオススメです。

 

 

・クッキングペーパー

クッキングペーパーが、あると非常に便利です。型の内側にクッキングペーパーを敷くことで、パウンドケーキを型から出しやすいし、型の洗浄も非常に楽になります。

 

 

レモンパウンドケーキの作り方(写真付き)

(1) 下準備をします。具体的には、材料の準備をした後に、

卵を割って掻き混ぜ、レモンの皮を削って果汁を絞り、バターをボールに入れます。

バターは室温で戻します。冬など気温が低い場合は、上の写真のように湯煎(材料を入れたボールを、一回り大きいボールなどで湯につけて間接的に温めること)しても良いです。

 

 

(2) オーブン(170℃)を予熱し始めつつ、溶かしバターに砂糖を加えながら混ぜ合わせます。

実は今回、初めて作ったのでバターをケチって半分の量(75g)にしました。

 

 

(3) 卵とレモン(皮と果汁)を数回に分けて混ぜ合わせます。

 

 

(4) その後、薄力粉とベーキングパウダーを粉ふるいにかけながら混ぜていき、生地を作ります。

 

 

(5) パウンドケーキの型に生地を流し込み、空気を抜くために少し置きます。準備から生地を作るまで35分くらいで作れました。

 

 

(6) オーブンに入れて170℃で35分焼きます。

焼きあがったら置いて冷まします。

 

 

実食の感想と反省点

下の写真が、初めて作ったレモンパウンドケーキです。

ほんのりレモンの酸っぱさがアクセントのパウンドケーキで、初めて作った割に美味しく食べられました♪

 

思ったよりもカリカリに焼けてしまったので、もう少し焼き時間を短く(30分くらい?)した方が良かったなと思います。

また、バターの量を半分にしたためか少しパサつきました。やはりバターをケチらない方が良いのですね(バターは高いので、サラダ油やオリーブオイルを代用する方法もあるようです

 

自分でパウンドケーキを作ると、原材料が良くわかりますね~。小麦粉(炭水化物)と砂糖とバター(油)の量がハンパないことが分かりました。

 

 

おわりに

泡立て器で材料を混ぜ合わせるだけなので、すごく簡単に作ることができました!

材料さえあれば、以前作ったシフォンケーキよりも楽にできると思うので、初心者にこそオススメのスイーツだと思います。

 

初めて作ったにしてはレモン味のパウンドケーキも美味しくできたので、また作りたいと思いました。次は、紅茶パウンドケーキや、ナッツを入れたパウンドケーキなどに挑戦したいですね。

 

最後まで読んでくれて、ありがとうございます!
皆さんの明日が ワクワクに満ちた良い日となりますように。 Thank you all ♬

コアテン

関西でフリーランス生活を送る元サラリーマンのメンズです。
最近、家庭菜園を始めました!将来の夢は「田舎で自給自足のスローライフ」
毎日いろいろ試行錯誤しながら、日々の出来事や学び、成果などを発信してます♬

コアテンをフォローする
生活 食品・料理
コアテンをフォローする
スポンサーリンク
コアログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました