【近況報告】イチゴのマルチ、再度かけました(汗)【寒波到来】

こんにちは、コアテンです。

 

先日、イチゴの苗にマルチをかけたけど、時期が早いということで外したということがありました。

参考:「 イチゴにマルチをかけました・その効果や時期は?

 

やっぱり、再度マルチをかけました。今回はその理由について紹介したいと思います。

 

 

再度イチゴにマルチかけた理由とは?

イチゴに再度マルチをかけようと思った理由は次のとおりです。

・大寒波がきた(気温が急激に下がった)
・強い風による被害
・空気乾燥によって土が乾いた

 

イチゴにマルチをかけようと思い直したのは、1月8日のこと…。折しも1月7日は数年に一度の大寒波で、私が住む地域の最低気温はマイナスになりました。

 

 

また、急激に気温の変化があると強い風が出てイチゴの茎が折れるという被害もありましたし、急激な乾燥によって土が乾きました。

驚いたのは、一晩でイチゴの土がドライ食品のように乾ききっていた事と、風でイチゴの茎が折れていた事です。

 

マルチの効果が「急速乾燥の防止」「温度の急激な下落の抑制」「泥はね防止、または葉っぱが土に接触するのを防ぐ」等なので、すぐにマルチをかけようと思い直しました。

 

 

イチゴの近況と考察

下の写真は、最近のイチゴの状況を写したものです。

具体的には、「葉っぱが色が薄く(黄色く)なってきた」「葉っぱの縁が黒く変色する」「茎や葉っぱに不規則な形状の黒ずみが生じている」「クラウンが赤っぽい」の4つがきになる症状が出ています。

 

 

・まず「葉っぱの色が薄くなってきた」のは日照時間の低下が原因で、「葉っぱの縁が黒く変色する」原因は肥料過多だと考えています(生理障害)。

・問題は「茎や葉っぱに不規則な形状の黒ずみが生じている」「クラウンが赤っぽい」の2つです。この二つは『疫病』、または土中の菌糸による『芽枯病』が原因じゃないかと疑っています。早めに農薬を使ってみたいと考えています。

 

 

その他の問題について

防寒のためと風で茎が折れるのを防ぐため、今はイチゴの苗を室内に一時避難させました。

ずっと室内に入れておくことはできないので、寒冷紗などを苗にかけて風による被害を防ごうと考えています。しかし、寒冷紗を使うと遮光されるので、ただでさえ日差しが弱くて日照時間の少ない冬には諸刃の剣です。

もう少し考えてみます。

 

 

おわりに

イチゴにマルチをかけるのは2月~3月の頃でしたが、寒波に当てられたらマルチをかけないわけにはいきませんね。

冬は暴風が起きやすく、葉っぱや茎が折れる危険もあるというのが分かりました。4月以降、収穫できるよう大事に育てていきたいです。

 

最後まで読んでくれて、ありがとうございます!
皆さんの明日が ワクワクに満ちた良い日となりますように。 Thank you all ♬

コアテン

関西でフリーランス生活を送る元サラリーマンのメンズです。
最近、家庭菜園を始めました!将来の夢は「田舎で自給自足のスローライフ」
毎日いろいろ試行錯誤しながら、日々の出来事や学び、成果などを発信してます♬

コアテンをフォローする
園芸・家庭菜園
コアテンをフォローする
スポンサーリンク
コアログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました