【漫画レビュー】『ぽんこつポン子』を読んだ感想【500円玉?】

こんにちは!コアテンです。

 

今回は、私が紹介したいのは『ぽんこつポン子』をという漫画です。

近未来における海辺の片田舎を舞台に、妻に先立たれた老人とメイドロボとの日常生活を描いた老後コメディ作品です。

 

 

 

あらすじ

『ぽんこつポン子』は、ちょっぴり未来の、ある寂れた海辺の町でぽんこつメイドロボットを中心に繰り広げられる、どたばたコメディ漫画です。

 

妻を亡くし静かに余生を送りたいと考える頑固オヤジ・吉岡の元に、ある日突然、旧式のメイドロボットが現れた。

亡き妻が残される夫のために契約したという、その旧式メイドロボットは、使えない「ぽんこつ」だった!?

 

そんなポンコツロボットと共に暮らし始めたオヤジの日常生活は、大きく変わっていく…。ぽんこつロボとの楽しくも心温まるスローライフが始まる!

 

 

 

『ぽんこつポン子』の感想・見どころ

「一人暮らしの老人の元に、突然ぽんこつメイドロボットがやって来て同居する」というストーリー的には目新しさはありませんが、面白さと優しさが同居したような良漫画でした!

 

 

特に、ぽんこつロボット・ポン子と、頑固オヤジ(老人)との掛け合いが最高です。ポンコツなポン子も可愛いですが、特にツンデレの頑固オヤジが可愛いかった(笑)

 

 

私自身、オヤジの気持ちも孫の気持ちも両方理解できる年齢になっているので、懐かしい気持ちと郷愁に何度か涙目になりました。

「こんな超性能ロボットがぽんこつ…だと?」「こんなAI搭載したロボットが作れるのか?」とか考えてしまう人もいるかもしれませんが、色々難しいことは考えず読むことが この作品を楽しむコツです♬

 

 

 

総評(レビュー)

正直、半泣きになるとは思いませんでした。ほのぼのと心温まる漫画で、読んだ後にほっこりします。

 

読む前にどうしようか少し迷いましたが、手に取って良かったと素直に思えます。自分で自分を褒めてあげたい(笑)

激しいアクションや推理などはありません。色々と難しいことを考えることなく読めるので、ほのぼのライフの漫画が好きな人は、ぜひ一度試し読みしてみてください。

それでは!

 

コアテン

関西でフリーランス生活を送る元サラリーマンのメンズです。
最近、家庭菜園を始めました!将来の夢は「田舎で自給自足のスローライフ」
毎日いろいろ試行錯誤しながら、日々の出来事や学び、成果などを発信してます♬

コアテンをフォローする
レビュー 本・漫画
コアテンをフォローする
スポンサーリンク
コアログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました