バジルを挿し芽で増やす方法とは?【おすすめは水挿し!】

こんにちは、コアテンです。

 

バジルは様々な料理に使用できるので育てていくにつれて、「やっぱりもっと収穫量が欲しい!」と思うこともしばしばあります。

 

そんなときにピッタリなのが、挿し芽でバジルを増やす方法です! 

実はすでに何度か試してみて、一定の成果がでました(^-^)b

 

 

今回は、「バジルを挿し芽で増やす方法」とその「メリット」などについて紹介したいと思います。

 

 

前回:「 イチゴを種から育てるのは割と難しい!

次回:「 レモンがハモグリバエの食害に!アゲハチョウ再び

「挿し芽」「挿し木」とは?

「挿し芽」とは、植物(母株)の茎の一部を切り取って、挿し床(土)などに挿して、発根させて個体数を増やす方法のことです。なお、切り取った株の一部は挿し穂といいます。

 

「挿し芽」は植物の人為的繁殖方法の一つであり、クローン技術の元祖とも言えます。

 

「挿し芽」「挿し木」は、一般的に同じものですが、その違いは増やす株の種類にあります。

「挿し芽」とは、草本植物(草花のこと)を増やす場合に使われる言葉です。
・一方、「挿し木」は、木本植物(樹木)を増やす場合に使われる言葉です。

 

なお、バジルは草木植物(そうほんしょくぶつ)ですので、この繁殖方法は「挿し芽」となります。

 

 

 

挿し芽(挿し木)するメリット

挿し芽(挿し木)をした場合のメリットは次のとおりです。

(1)早く収穫が可能で、収穫量が増える

・一般的に種から育てると収穫できるまでに時間がかかります。

・一方、挿し芽をすることで、種から育てる手間が省けて早く収穫できるうえに、トータルの収穫量も増えます。

(2)元となった植物(母株)と同じ性質を持ったクローンができる

・種から育てる植物の場合、その多くは親と同じ性質を持つ植物ができるとは限りません。つまり、有用な性質が必ず親から子へ伝わるとは限りません。

・一方、挿し芽を行うことで、元となった植物と同じ性質の苗ができますし、種ができにくい植物でも簡単に増やすことができます。

 

 

 

バジルを挿し芽で増やす方法

バジルを挿し芽で増やす方法は、次の手順で行います。

1.バジルの茎を10cm~15cmほどの長さに切り取る
(茎の切り口が斜めになるように切ります)

2.先端の葉っぱを2枚~3枚ほど残して、他の葉っぱを摘み取る
(葉からの蒸散作用を抑えるため、大きな葉は切り欠いて小さくする)

3.茎の切り口を半日ほど水に浸けて吸水させる

4.ポットに挿し芽用の用土を入れて、土に割り箸などで直径2~3cmほどの穴を開ける

5.茎を穴に入れて土を被せ、用土が乾かないよう水やりする

6.2週間~1ヵ月ほどして根が十分に生えて、少し成長し出したら鉢や地面(腐葉土)などに植え替える

 

バジルの収穫時期は、一般に7月~10月となっており、その間であれば いつでも挿し芽で増やすことができます。

なお、茎を切った直後は非常に弱っているため、しばらくは直射日光が当たらない場所で育てるようにしましょう。

 

バジルの生育に合わせて摘芯(芽の先端を摘み取ること)しますが、その際に切り取った茎を使って挿し芽を行うと、効率よく苗を増やすことができると思われます。

 

 

 

バジルは水挿しで発根させてから植える方法(オススメ)

私のオススメは、水挿しで発根させてから腐葉土に埋める方法です。私は実際にこの方法でバジルを増やしました。

 

水挿しで発根させてから植える挿し芽の方法は、次のとおりです。

1.バジルの茎を10cm~15cmほどの長さに切り取る
(茎の切り口が斜めになるように切ります)

2.先端の葉っぱを2枚~3枚ほど残して、他の葉っぱを摘み取る
(葉からの蒸散作用を抑えるため、大きな葉は切り欠いて小さくする)

3.切り取った茎をコップに溜めた水に浸けておきます
(2週間~1ヵ月ほど浸けておき、発根したら腐葉土に植えます)

4.鉢や地面(腐葉土)などに植え替えます
(土に割り箸などで直径2~3cmほどの穴を開け、茎を穴に入れて土を被せます)

 

手順1~2については、上述した「バジルを挿し芽で増やす方法」と同じです。なお、手順において、発根した茎を土に植えた後しばらくは、水やりして土が乾かないようにしましょう。

 

手順において、挿し穂(切り取った茎)はしばらく日陰に置いておき、コップの水は毎日換えておきましょう。真夏の場合、水が腐りやすいためです。

 

この方法の利点は、挿し芽用の用土(培養土)の必要がないことです。

 

 

 

挿し芽の実際の観察記録

摘芯した茎を使って挿し芽をしました。下の写真は、摘芯した直後の茎の様子です。

 

 

先端の葉っぱを残して、残りの葉っぱを摘み取り、切り口を斜めにカットしました。下の写真では、6枚ほど葉っぱが残っていますが、3枚くらい残せば問題ありません。

 

 

そのまま茎をコップに溜めた水に浸けておきました。

 

 

ここでハプニングが発生! 直射日光に浴びせてすぎて萎れてしまいました (>_<)

熱帯原産のバジルですが、40℃を超える暑さは耐えられなかったようです。慌てて涼しい日陰に避難させて様子を見ることに…。

一日経つと、なんとか回復してくれました! この状態から蘇るバジルの生命力に驚きました。しかし、少し葉焼けしてしまいました。

この教訓から、挿し穂(切り取った茎)はずっと日陰に置いて発根を待つことにしました。

 

 

茎を水に挿して一週間後、葉っぱを摘み取ったところから 根っこがかなり生えてきました。

 

 

水に挿してから二週間。かなり発根してきたので鉢に植えることに決めました!

割り箸などで2cm~3cmの穴を掘って、その中に発根した茎を挿れて土を被せました。

 

 

 

おわりに

挿し芽は実に簡単にバジルを増やせる方法ですので、栽培している人はぜひ試してみてください♪

 

増やしたバジルで、今後はジェノベーゼを作りたいと目論んでおります(*’▽’)

まだ暑い日が続いていますが、冬が来る前にガンガン植物を栽培しましょう!

 

最後まで読んでくれて、ありがとうございます!
皆さんの明日が ワクワクに満ちた良い日となりますように。 Thank you all ♬

 

前回:「 イチゴを種から育てるのは割と難しい!

次回:「 レモンがハモグリバエの食害に!アゲハチョウ再び

コアテン

関西でフリーランス生活を送る元サラリーマンのメンズです。
最近、家庭菜園を始めました!将来の夢は「田舎で自給自足のスローライフ」
毎日いろいろ試行錯誤しながら、日々の出来事や学び、成果などを発信してます♬

コアテンをフォローする
園芸・家庭菜園
コアテンをフォローする
スポンサーリンク
コアログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました