【Alexa②】スマートスピーカーの導入に必要なもの・おすすめの導入手順を紹介

こんにちは、コアテンです。

 

前回、「アレクサ・スマートスピーカーの説明」「スマートスピーカー(Amazon Echo)の種類」などについて紹介しました!

 

スマートスピーカーの紹介記事・第2回目となる今回は、

・スマートスピーカーの導入に必要なもの(準備)
・スマートスピーカーのおすすめの導入手順

などについて簡単に紹介したいと思います。

 

 

関連記事

①「 スマートスピーカーとは?その種類と共に説明します
③「 アレクサに家電連携させる方法・私が使っているスマートアイテム
④「 スマートスピーカー(Echo)の使用例について 」
⑤「 アレクサのスキルとは?おすすめのスキルを紹介 」
⑥「 私が使用している定型アクションを紹介 」

スマートスピーカーの導入に必要なもの(準備)

まず、Amazon製のスマートスピーカー(Echo)の導入に必要なもの・準備について説明します。

 

必須のもの

スマートスピーカー導入に必須なもの(準備)は、例えば次のとおりです。

・電源(100Vコンセント)
・インターネット環境

・Wi-Fi®環境(Wi-Fi®ルーター)
・Alexaアプリをインストールした端末(スマホやタブレットなど)

 

 

以下、それぞれの項目について簡単に補足説明していきます。

(1)  電源について

当然ながら、スマートスピーカーを利用する場合は電源(100V)が必要になります。設置する場所にコンセントがあるか否か確認しておきましょう。無ければ、延長コードなどを使用して電源が取れるようにしましょう。

 

 

(2)  インターネット環境・Wi-Fi環境

Amazon製のスマートスピーカーは、Wi-Fi®経由でインターネットに接続して、クラウド上に構築された対話型AIアシスタント(Alexa)を利用するデバイスです。

しかし、スマートスピーカーにはLANポート等のケーブル差込口はありません。そのため、Wi-Fi®環境(Wi-Fi®ルーター)は必須となります。

 

Wi-Fiルーターをお持ちでない場合は、例えば以下のWi-Fi®ルーターをオススメします。

2.4GHzと5GHzのデュアルバンド方式であり、通信速度が非常に速くて接続可能台数も多いのが特徴です♬ 今のところ問題なく動作しています。
 

以前は私も2DK用の「 BUFFALO  WiFiルーター  WCR-1166DS 」を使用していましたが、スマホだけでなく、スマートプラグやスマートスイッチなど接続台数がドンドン増えてきたので、上記のWi-Fi®ルーターを購入しました。

 

 

 

(3)  Alexaアプリをインストールした端末(スマホやタブレットなど)

・基本的に、スマートスピーカーにはスクリーンが付いていません。

そのため、スマートスピーカーなどの詳細設定は、Alexaアプリをインストールした端末(スマホやタブレットなど)の画面上で行うことになります。

 

また、スマートスピーカー(Echo)他のスマートデバイス(スマートプラグやスマートライトなど)が、Alexaで利用可能かどうか(それぞれのデバイスが自宅のWi-Fiに接続されているか否か)等についても、主にスマホなどの画面上で確認します。

 

 

したがって、Alexaアプリをインストールした端末(スマホやタブレットなど)は必須です。

Amazon Alexa

Amazon Alexa

開発元:AMZN Mobile LLC 
無料
posted withアプリーチ
 

 

 

・なお、「Echo Showシリーズ(スクリーン付きスマートスピーカー)」であれば、スクリーン上で(下の写真中の「スマートホーム」をタップすることで)、各スマートデバイスがAlexaで利用できるか否かを確認できます。

但し、「Echo Showシリーズ」はスクリーン上で定型アクションのオン・オフは可能ですが、定型アクションの編集・追加・削除はできません。定型アクションの編集などは、Alexaアプリをインストールしたスマホなどで行うしかありません。

 

定型アクションとは、「実行条件」「アクション(操作)」を事前に設定しておくことのできる機能(プログラム)です。「実行条件」が満たされた場合に、予め設定した「アクション(操作)」が実行されます。

★「実行条件」には、例えば、『任意の開始フレーズを発声したとき』や『任意の時刻がきたとき』などの条件を設定できます。

★「アクション」は、例えば、『Alexaが任意の言葉を話す』『音楽を流してくれる』『アラームが鳴る』『スマートデバイスのオン・オフする』『ニュースや天気予報を流す』などの動作を設定可能です。なお、「アクション」は一つの動作だけでなく、複数の動作を好きな順番で実行させるように設定できます。

 

・例えば「アレクサ、おはよう!」とスマートスピーカーに向かって話しかければ、

❶ 「おはよう!」と返事をしてくれて
❷ 部屋の照明が点灯し
❸ コーヒーメーカーのスイッチがオンになり
➍ 天気予報とニュースが流れる

というような一連の動作が行われるように定型アクションを設定することも可能です。

 

 

 

あると便利なもの

スマートスピーカー導入に、あると便利なもの(準備)は、例えば次のとおりです。

・プライム会員の登録
・Alexaに対応したスマートアイテム(プラグ・リモコン・スイッチなど)

 

 

以下、それぞれの項目について簡単に補足説明していきます。

(1) プライム会員の登録

プライム会員でなくても、スマートスピーカーは利用可能です。しかし、プライム会員であれば、スマートスピーカー(Echo)の利便性は格段に上がります。

 

例えば、プライム会員であれば、

・音楽を再生したい場合、『〇〇をかけて』『J-POPを再生して』などと発声するだけで、「Prime Music」に収録された200万曲の中から目的に沿った楽曲が検索されて再生されます。

・また、映画やTV番組を見たい場合、『◇◇を再生して』などと発声するだけで、「Prime Video」に収録された数多くの中から目的のコンテンツが検索されて再生されます。

 

プライム会員は30日間の無料体験があります。興味はあるけど、まだAmazonのプライム会員でないという方は、以下の参考サイトで確認してみてください。

参考:「 Amazonプライム紹介ページ(30日間の無料体験あり)

 

 

 

(2) Alexaに対応したスマートアイテム

スマートスピーカー単体でも、例えば以下のような操作は可能です。

・質問に対してインターネットで情報検索して回答する
・ナゾナゾやしりとり、クイズの出題させる
・ニュース・天気予報の読み上げさせる
・料理のレシピ検索・読み上げさせる

 

 

しかし、それだけではスマートスピーカーの機能を使いこなしたとは言えません。

スマートスピーカーを導入するからには、連携した家電などを音声操作(または、遠隔操作)したいのではないでしょうか?

 

★ そのために必要になるのが、各種スマートアイテムとなります。ここで言うスマートアイテムは、例えば、次の(1)~(6)のようなものが該当します。

(1) スマートプラグ
 直接コンセントに差し込んで、電化製品の電源を音声操作(遠隔操作、またはタイマー操作)でON/OFFできるコンセントタップです。

実際には、スマートプラグをコンセントに挿し、そのスマートプラグに電化製品のプラグを差し込んで使用します。

(2) スマートスイッチ
 遠隔操作などでスイッチを物理的にON/OFFできる器具です。照明のスイッチだけでなく、様々なスイッチに使用可能です。

(3) スマートリモコン
 各家電のリモコンから発する赤外線を記憶し、スマートスピーカー等からの指示があった場合に記憶した赤外線を発して各家電を操作できる器具です。

エアコンやテレビ、洗濯機、照明、ルンバ®などのリモコン代わりとして使用可能です。

(4) ネットワークカメラ
 主に、ペット・赤ちゃんの見守り用や、留守中の室内監視用などに設置されるカメラです。これを設置しておくことで、スマートフォンなどの画面から映像を確認することが可能になります。

(5) スマートライト
 導入することで自宅のライトを音声操作したり、遠隔操作したり、タイマーをセットして点滅させたりできます。
モーションセンサーと組み合わせることで、夜中の自動点灯も可能になります。

 

スマートライトの写真は無かったので、以下に商品リンクを貼ります。スマートライトには、電球用シーリングライト用の二種類があります。

リモコン付きの照明であれば、リモコンの赤外線をスマートリモコンに記憶させることで簡単にスマートライトにできるので、どちらかと言うと電球用のスマートライトの方が需要は高いと思われます。

 
 
(6) スマートロック
 自宅のサムターン(カギの開け閉めするために、ドアの内側に付いたツマミ)を物理的に回転させて、ドアを遠隔で開閉してくれる器具です。通常、サムターンの上に被せるように設置します。

Alexa経由だけでなく、スマートフォンなどからも遠隔でご自宅のドアの施錠も可能になります。

 

スマートロックの写真はなかったので、以下に商品リンクを貼っておきます。Alexaで使用するには「Qrio Lock」だけでなく、「Qrio Hub」も必要になるようですのでご注意ください。

 

 

スマートアイテムについて

それぞれのスマートアイテムは、スマートフォンなどにインストールした専用アプリから動作確認・遠隔操作・タイマー操作などが可能になります。

また、Alexaに対応したスマートアイテムであれば、スマートスピーカーから音声操作したり、Alexaの定型アクションに組み込んで操作したりすることも可能になります。

 

 

 

おすすめの導入手順について

個人的に おすすめするスマートスピーカー(Echo)の導入手順は次のとおりです。

(1) まずは、スクリーン付きスマートスピーカー(Echo Show 5)を試してみる

(2) ご自身にとって必要な機能を満たすスマートアイテムを試してみる

(3) 慣れてきたら、必要な場所にスマートスピーカーをさらに設置する

 

 

以下、簡単に補足説明をします。

(1)について

何かを新しく導入する際は、失敗したくないですよね?

私もそうでしたが、スマートスピーカーを導入するのを決めるというのが最も心理的に壁の高い行為だと思います。

 

そのために、まずは安いスマートスピーカーを試してみて、使い勝手が良ければ必要なモノを買い足していくことをオススメします!

そして初めての方に私がオススメするのは「スクリーン付きスマートスピーカー」です。中でもEcho Show 5(スクリーン付きスマートスピーカー)をイチオシします。

 
Echo Show 5をおすすめする理由は次のとおり。
❶ Echo Showシリーズ(スクリーン付き)の中で最も安価
 後述しますが、スクリーン付きのスマートスピーカーは非常に便利です。そして、最も安価なモデルであれば「失敗したらどうしよう」という心理的ハードルは低くて済みます。もちろん、私自身 Echo Show 5を購入して失敗したと感じたことはありません。

❷ スクリーン付きのため、各種設定・確認にとても便利
 Alexaアプリ上でも多少の設定や状態確認はできますが、本体に付属したスクリーンがあれば、より詳細な設定・確認(例えば、Bluetooth®デバイスのペアリングの有無・解除)が可能です。さらに、音声だけで目的の動作がなかなか上手くできないときは、タッチスクリーンを使用して手動で行えるのも非常に便利。

❸ インカメラが付いているので、テレビ通話が可能
 ご自分のスマートスピーカー同士や、離れた場所で暮らす家族・お友達のスマートスピーカーと接続してテレビ通話などが可能です。もちろん、音声のみでの通話も可能 ♬

➍ 待機中、スクリーンに各種情報が表示される
 置き時計のかわりになります♬ また、チラっと目をやったときに各種情報(気温や天気予報、ニュース、スキルのヒントなど)が手に入るので、割と助かっています。
これ以外にも、「Prime Music」で音楽をかけると歌詞が表示されますし、「Prime Video」Youtubeなどの動画コンテンツを視聴することもできます。

なお、他のスマートスピーカー(Echo)の設定はAlexaアプリ画面で行いますが、スクリーン付きのEcho Showシリーズは、基本的に電源を入れた後に表示される画面の指示に従って設定を行っていきます。

 

 

(2)について

スマートアイテムの中でも比較的に多くの人に用いられているのは、「スマートプラグ」「スマートリモコン」となります。

 

また、「スマートプラグ」「スマートリモコン」は非常に使い易く、工夫次第で様々な用途にも利用できます。

ご自身にとって必要な機能を満たすことが最も大切ですが、この二つから試してみてはいかがでしょうか?

 

 

(3)について

スマートスピーカーを設置する場所は人それぞれです。知り合いにヒアリングしたところ、「リビング」「寝室」「玄関」「キッチン」「洗面所」など結構バラバラでした。

 

★ 基本的には、ご自身が長く過ごす場所にスマートスピーカーを設置するという考え方で良いと思われますが、

外出時(または帰宅時)に家電を操作したい場合は「玄関」、料理中に音楽やレシピなどを聴きたい場合は「キッチン」など、それぞれの用途に合わせて設置場所を工夫してみてください。

 

また、スマートスピーカーの台数も、最初は1台か2台から始めてみて、必要であれば増やしていけば良いと思われます。

 

私の場合、最初は「自室」と「洗面所」の2箇所に設置しましたが、主婦の方であれば長く過ごす「キッチン」などに置くことも考えられます。

 

 

 

おわりに

いかがでしたか?

今回は、「スマートスピーカー(Echo)の導入に必要なもの」「おすすめする導入手順」などについて簡単に紹介いたしました。

 

 

記事が長くなってしまったため、複数回に記事を分けさせていただきます。次回(第3回目)は、

「私が使っているスマートアイテム」
「アレクサで家電連携させる方法」

などについて紹介いたします!

 

 

控えめに言って、「スマートスピーカーを買って本当に良かった」と思いました(笑)

スマートスピーカーを上手く使いこなせれば、確実に毎日の面倒くさい作業を減らすことができると思いますので、まだ導入していない人はぜひ検討してみてください。

きっと、生活が一変しますよ♬

それでは。

 

関連記事

①「 スマートスピーカーとは?その種類と共に説明します
③「 アレクサに家電連携させる方法・私が使っているスマートアイテム
④「 スマートスピーカー(Echo)の使用例について 」
⑤「 アレクサのスキルとは?おすすめのスキルを紹介 」
⑥「 私が使用している定型アクションを紹介 」

コメント

タイトルとURLをコピーしました